京都展示会

本当にブログ更新から1ヶ月経ってしまいました。

大丈夫ですよ、ちゃんと続けてます!!

先日、振袖のお問い合わせのお電話がありました。

webを見て・・・と言う事でwebに出ている振袖の問い合わせだったんですが、

当社のwebカタログに載っている分ではなかったんです。

「えーどれだぁ?」と悩んでいたら、なんとブログに載せていた振袖

でした。「見てくれて、興味を持っていただけたのねぇ!」と

その日はホクホクあったかい気分でした。

ブログを見ていただけてる実感を得てこれからもますます精進して行きます!!

目指せ毎日更新!!いや、あまり目標を高くすると挫折するので

めざせ2日に1回更新

さて、その話はさておき、先日京都の方で展示会があり行ってまいりました。

私が仕入れに参加するのはこれで片手ぐらいになったでしょうか。

京都では定期的に展示会が開かれます。

やはり、京都は「糸の世界」なんですね。和装はともかくとして、

当初私は、ドレスが京都を中心に生み出されているとは全く知りませんでした。

しかし回数を重ねて行くだびに、京都という街は観光都市という事だけでなく、

ものが生まれる街である事が分かってきました。

あの街の中に、こんなものを作る場所が、こんなところに!!という場所があるんです。

まぁ、展示会の時は十何社ものドレスメーカー、和装メーカーを巡るので

きょろきょろしている時間はないんですが。

そのドレスメーカーの中でもいつも凄い演出をしている「ステラ」のドレス発表展示会の

模様です。

ドレスについてはお楽しみという事で、

これはファッションショーが行われるステージの飾りです。

今回のテーマは「和欄?」さいごの一文字が思い出せない・・・

これはテーブルなんですが、ちょっと写真の腕がなくてうまく写らないんですが、

机上の花は紙で作られたアートフラワーなんですよ。

ステージ上の大きな花も紙で作られたものに色をつけてあります。

毎回、ステラのテーマにそった世界観をバシッと見せてきます。

ドレス一枚一枚もスゴーク手が込んでいますし、こだわり抜かれたデザインです。

今回発注をかけたドレスは念入りに作られて半年後ぐらいに入荷してまいります。

お楽しみに!

コメントは受け付けていません。