2011年4月12日 のアーカイブ

新ビルオープン1周年記念 春の新作展

2011年4月12日 火曜日

池田屋は4月3日にバースデイを迎えました。オープン1周年記念

春の新作展」を催しています。

まず、今回大注目なのが両面二図全通袋帯「双重彩々」

帯の端から端まで全て柄の入った全通の袋帯、裏地の柄もセレクト出来るセミオーダーです。

さらに傷や汚れになりやすい帯の結びジワを家庭用蒸気アイロンで手軽に解消出来る

形容記憶加工が施されています。ですからとってもお手入れが簡単です。

そして「OKAJIMA」のハンドバックのコレクションです。間違いなく、素敵です。

特に下のクロコのバックいいですねぇ。

これからの季節白のクロコなんてオシャレの極みではないでしょうか。

そして、池田屋でもファンの多い、

ルコラインの靴です。これをいらっしゃる方は皆さん、これ以外履けないと言われます。

歩きやすい上に疲れない・・・そのうえ程よくオシャレなんです。

今回の春夏コレクションも春らしいシルバーのものや、流行の小花柄などが揃っています。

特価でご案内してますので、ぜひルコラインファンの方、池田屋へどうぞ。

「春の新作展」池田屋2Fにて17日まで開催中です。

もちろん、訪問着や、色留袖、単衣の着物などオープン記念特価となっております。

そして。。。池田屋1Fにはお目見えしました。

浴衣です。仕立て済みのプレタ浴衣はまだですが、

オシャレな大人向けの浴衣の反物が並びました。

こちらはプレタのものとは違い数段にオシャレです。

もちろんプレタのものとお値段は違いますが、

反物から仕立てる浴衣はひと味違います。

反物を選び仕立て上がるまでのワクワク感が違うんです。

何でもすぐ手に入るこの世の中で

ワクワクしながら待ち、こだわりのものを大切に着る

そんな浴衣はいかがでしょうか。

そして・・・以外に探していらっしゃる方の多い

子供向けの浴衣の反物です。

かわいいですよね。

やっぱり子供の浴衣はこれじゃないでしょうか?

以外に最近の子供の浴衣でこのテイストってないんですよね。

私も夏になると浴衣を仕立ててもらっていた記憶があります。

それを着て夏祭り等に連れて行ってもらうのが夏の楽しみの1つでした。

ぜひお孫さんや、子供さんに仕立ててあげてくださいね。

一ヶ月

2011年4月12日 火曜日

東日本大震災から1ヶ月が経ちました。

相変わらず、TVでは被災地の厳しい現状が流れています。

私たちの熊本は春を迎え、花が咲き誇っています。

ただ、おかしいのはつばき菜の花、そしてツツジでもが一緒に花を咲かせているんです。

3、4ヶ月かけて順に花をつけ、春の訪れ、季節の移り変わりを教えてくれる花々が、

この日本の悲しみを勇気づけてくれるかのように咲き誇っています。

深い悲しみを負った東北でも様々なものが芽吹き、新たな季節が訪れて皆さんを支えて

くれることを願っています。

私たちに出来ることは、

優しい心を持つこと、大きな心を持つこと、感謝の気持ちを持つこと、

前を向くこと、歩み続けること。

まだまだ沢山あります。

何も出来ないということはありません。

私たちが美しい日本の心を持ち続けていることが

日本を復興させてくれると私は思っています。

・・・すこし気取ったブログとなってしまいましたが、

悲しみを背負った全ての皆様に哀悼の意を表したいと思います。